話題の占いサイト紹介

占いおすすめランキング

恋と運命の真実

chart
恋愛、結婚や健康などの様々な運勢を占う事ができる占いサイトです。実力のある有名占い師が多数在籍しています。

詳細はこちらから!


  • chart

便利なメール占いや電話占いが魅力のサイトです。サポート体制もしっかりしているので、初めて利用する方でも安心です。

詳細はこちらから!

  • chart

実力のある占い師が勢揃いの話題の占いサイトです。リピーターも多く満足度の高い初心者の方にもオススメのサイトです。

詳細はこちらから!


四柱推命における偏官という年の意味

人生を振り返ってみて、自分の留年と四柱推命を照らし合わせてみると、かなり当たっていたとびっくりする人も多いです。
この流年というのは、自分の運命を周期別で表しています。
四柱推命において、偏官といわれる年もあるのですが、この偏官というのはどのような意味を持っているのでしょうか?
偏官といわれる年というのは、今の自分から新しい自分に変えていきたいと強く思うようになる年だとされています。
人によって、この偏官といわれる時期というのは違いますが、振り返ってみると、偏官の時期と新しいことにチャレンジし始めた時期がぴったりだったということが実際に多いです。
例えば、これまでしたことがない職業に転職してみたり、資格取得に挑戦してみたりする時期と偏官が重なっていた人はとても多いのです。
ただし、自分から行動をして新しいことに挑戦をすると言う意味合いだけではなく、自分の意思ではなく、新しい環境になってしまう場合もあります。
例えば、突然、これまで働いていた部署から移動をしなくてはならなくなってしまって、自分の存在意義を見出すことが出来なくなってしまったり、転勤などをしなくてはならなくなってしまったりするということもあります。
この他にも、会社自体が倒産してしまったり、突然人員整理で解雇されてしまったりして、新しい職を探さなくてはならなくなってしまった時期と偏官が一致質得るということもあるのです。
ですが、偏官は、新しい何かをするのに最適なタイミングだとされており、新しいことをした結果、成功をするということが多いとされています。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.